スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2013.07/30(Tue)

第3章

2週間預かってもらってるショートステイの担当の方から金曜日電話がかかってきました。

「ご相談があるのですが」

どんなことだろう、おばあちゃんが夜寝ないで暴れることは知ってたので追い出されるのかな・・・とドキドキしながら話を聞くと、おばあちゃんに持たせた薬でマイスリーという睡眠誘導剤を一錠飲ませていたそうだけど、夕方五時半ごろから11時ころまで帰りたい帰りたいとほかの人の部屋のドアを開け、ほかの人の荷物をあさり、投げたりしたそうです。

止めると係りの人に暴力をふるったりしたそうです。

ほかに入居してる人に迷惑がかかるので、眠れる薬を増やすとか違う薬にしてもらえないでしょうか、とのことでした。

普段はほんとおだやかで優しくて、おとなしい、物静かなおばあちゃんです。

認知症になっても日中は穏やかに過ごしているんですが、

やはり、おじいちゃんが毎日夕方に仕事から帰ってくるという意識の中にいるので夕方になると徘徊し始めるのが、家でもそうでしたが、ショートステイでは外に出れないので暴れるみたいです。

まあ女性なので暴れるといっても介護士の人が対応できる範囲だけど、ほかの人に迷惑がかかると出て行ってもらわないといけないかも、、と言われました。

私は土曜日におばあちゃんのかかりつけの内科に行き、その相談をしたら飲んでる薬を一錠から2錠に増やしても大丈夫とのことなのでそれをすぐショートステイの人に電話をして伝えました。

薬は寝る直前に2錠飲むようにしたら、まあ夕方には帰りたがるけど夜は寝てくれるようになったとのこと。

とりあえず一安心。

ほんと帰ってこられたら大変、私だけではおばあちゃん見きれません。

次男は土曜日におばあちゃん担当のケアマネージャーさんに相談しに行ったそうです。

そのデイサービスに行ってる施設に入れてくれないか、と頼み込んだそうですが、それは無理。何百人待ってる公共の施設には簡単には入れません。

かと行って有料老人ホームは多大なお金がかかる。

そんなすぐには決められません。

グループホームはちなみに入居金が30万で月々が15万くらいです。それにプラス介護料がかかります。

ケアマネージャーさんはおばあちゃんがおじいちゃんと一緒にいたいという意識があるのでおじいちゃんと二人ではいれる施設もありますよ、とか助言してくれたそうです。

私に「グループホームがいいんじゃないですか」と言った同じケアマネさんです。

旦那の弟はいろいろ動いてそんなことをしてくれました。

弟はグループホームはおばあちゃんが寝たきりとかになると追い出されるということを聞いていたので違うところがいいんじゃないかと考えていたみたいです。

まあとりあえず約束していたグループホームB園に兄弟とその嫁4人で話を聞きに行きました。

グループホームとはこうゆうところですよ。まず帰りたい帰りたいというおばあちゃんでもなんとか対応してくれるとのこと。認知症の人は皆そうですよ。おばあちゃんだけではありません。

それが仕事ですから。

今いるショートステイは認知症の人だけじゃないから、ほかの人に迷惑がかかってるみたいだけど、
ここは認知症だけが集まってる施設だからみなそんな感じなのでほかの人に迷惑とかも考えなくてもいですよ。。

あとグループホームでは看取りもできるようになりましたので最後まで面倒を見ますよ。とのことでした。

話を聞いても弟はなぜか納得できなくて、なにもしてない旦那に対してすごい怒ってて帰ってきて自宅でものすごいケンカをしました。

私に対してもやたら気に入らなかったみたいですごい剣幕でまくしたててケンカしました。

おじいちゃんが元気になって帰ってきてからゆっくり考えればいいことで急いで決めることではない。

おじいちゃんと二人で入る施設も考えればいいじゃないか。そこにこだわって急いで決めることではない。

一回家に帰らせておじいちゃんと過ごしてから決めようと言いました。

私がショートステイが終わる日にそのままグループホームに入れるよう急がなくちゃとがんばってきたことに反対されました。

次男がいうにはおじいちゃんはおばあちゃんと離れたくないと涙を流してそういったというのです。

おじいちゃんは私には

「自分が大事、死にたくないし、しままちゃんが決めてくれるから任せる、おばあちゃんがいないと思って8月の日帰り旅行も頼んでしまった。おばあちゃんがいなくなったら思い切りダンスを楽しみたい」

とそういっていたのです。

まずはおじいちゃんの考えを優先にしようととりあえずおじいちゃんに話を聞きに行きました。

グループホームに話を聞きにいったこと。おじいちゃんはどう思ってるか、おばあちゃんと二人で施設に入ることはどう思ってるか?

そうしたらおじいちゃん一言

「そんなのいやに決まってるじゃないか。そんなところに行ったら自分の苦労は変わらない」

そうだよねえ。おじいちゃんは

「自宅を離れたくない。まずダンスに行けないじゃないか」

なんか次男の言ってたことと全然違います。

ただおばあちゃんを入れるのはやはりかわいそうだし寂しい。

だけど、もうそんなことは言ってられない、毎日が大変だったから。

おじいちゃんの大変さは一緒に住んでる人にしかわからないと思います。

土日にしか帰ってこない旦那もわからない。

おじいちゃんと私にしかわからない。

毎日の言い争い、夜に寝ない、朝起きない、暴れる。忘れる。今食べたご飯のことも忘れる。しまいには家族のことも忘れてしまいます。

おじいちゃんが退院してもおばあちゃんがいれば入院前と変わりません。

次男が毎日泊まりにきておじいちゃんの負担を減らすとか言ってましたが、そんなことしても変わらないと思います。

次男はなにもしない旦那に怒ってて、毎日帰ってきて面倒見てみろよ!とわけのわからないことを言ってました。

おじいちゃんはなんだかんだいって自分が大事だと、ショートステイのあと入居するのが一番いいとの話になりました。

次男もようやく納得しました。

じゃあ私もできる限りのことはしないと!

連休明けの火曜日に私がたまたま急に仕事が休みになったのでかかりつけの内科に健康診断の予約をしていたのですが、その前にグループホームの人がおばあちゃんと面談することになりました。

預けているショートステイで待ち合わせ、私もそこに行き面談を見てました。

「お名前は?」「住所は?」には答えられましたが、「お年は?」の質問に考え込んでしまって答えられません。

「30いくつだったかしら・・・」・・・・私より若いのか??!!

「家族は?」の質問に

「私は長女で弟が一人、その下に双子の妹がいます。」

認知症になると昔に帰るそうですが。。おじいちゃんや息子たちの話はでません。

そんな話をしながら「おばあちゃん、おばあちゃんに子供はいなかったの?」と聞いてみました。

そうしたらだまってしまいまして・・・・考え込んでしまいました。

私が名前を言ったら思い出しました。

子供の名前も忘れてしまったのです。

思い出せば思い出して私の娘や息子の名前も出るんですが。

面接が終わってとりあえず面接はOKですとのこと。

そのあとかかりつけの内科に連れていきました。

採血レントゲンをしたり、木曜日にグループホームに月2回来ているお医者さんにおばあちゃんを診せることになったので紹介状も必要でその内科から情報提供書ももらわなければいけないのですが。

おばあちゃん糖尿もあるし、薬をたくさん飲んでるので、紹介状も時間がかかるとのこと。

水曜日夕方にとりにいくことになり、仕事帰り内科へ行き、紹介状を受け取り、それを持って次の日木曜日におばあちゃんをショートステイから連れ出し、グループホームにきてくれる担当医に診せました。

なにかあるといけないのでそれも必要とのことでした。

そして契約の話をし、入居に必要なカーテンなんですけど防炎のものが必要とのことなので買いに行きました。

あときれいな下着やパジャマなど。

そして金曜日に診断の結果が出て感染症などの心配がなかったので無事入居ができることになりました。

おじいちゃんの退院が土曜日なのでおばあちゃんの入居は日曜日に決まりました。

それをショートステイに電話して知らせ(予定より1日早い退去になるので)

お世話になったデイサービスに行かなくなるし、担当のケアマネージャーさんにも電話して知らせました。

お世話になりました。

そして土曜日には診断書をもらいにかかりつけの内科に行きました。急いで無理をさせてしまったので菓子よりを買っていきました。診断書を受け取り、そのあと必要なものの買い出し、おじいちゃんの退院のお迎え、そしておばあちゃんの荷物の引っ越し。

大きいものはタンスくらいですが、運びました。

おばあちゃんの洋服の整理はおじいちゃんの退院前に毎日夜なべしてタンスをかたずけながらもっていくもの、捨てるものの整理をしました。

家事をしなくなって数年経つお布団カバーを全部替え、持っていく布団もおじいちゃんの布団もすべてきれいにしました。

お年よりなので捨てることが苦手みたいで、私が判断して捨てるものは捨てました。

おばあちゃんの寝ているベッドとお布団の間から失敗した汚い下着が何十枚も出てきました。

鼻をつまんで全部捨てました。

日曜日おじいちゃんも一緒におじいちゃんは入院中で病院から抜け出したという設定でおばあちゃんをショートステイに迎えに行き、そのままグループホームへ連れていきました。


おばあちゃんは帰りたい帰りたいと駄々をこねましたが、おじいちゃんはこれからまた病院に入院しなくてはいけないからおばあちゃんはここでしばらく待っててね。

と納得させ無事入居することができました。

スポンサーサイト
EDIT  |  22:00 |  徒然日記  | CM(0) | Top↑

2013.07/29(Mon)

第2章

おじいちゃんが具合が悪くなった日は私サッカー行ってておじいちゃんが苦しんでるときに鹿島戦だったかな。勝ってのほほんとしていてそれがほんと申し訳ない思いでいっぱいなのだけど、そんなときに旦那もいなく、娘息子ももちろんいない。

おじいちゃんは近くに住んでる次男に電話して次男に病院に連れて行ってもらいました。

おばあちゃんをおいてけないのでおばあちゃんも一緒に行ったそうです。

夜におばあちゃんと一緒に帰ってきて、その日は次男がおばあちゃんと一緒に寝てくれました。

とりあえず次の日も日曜日で相談もできないので月曜にデイサービスでお世話になってるケアマネージャーさんに相談することになりました。

私は月曜は仕事で、頼めば変わってもらうことも可能でしたが、次男のお嫁さんに甘えて頼むことにしました。

土曜日曜とおばあちゃんと同じ部屋で寝た次男はほんと大変そうでしたが、夜中に寝ないでごそごそするので、もう一発で「懲りた」と言ってましたが・・・

その間旦那はなんもしませんでした。

そんな旦那です。


おじいちゃんが入院したと言っても1分で忘れてしまうのでおじいちゃんを探すのに会館まで何回も何回も往復します。

まあ止めても仕方ないので何回も往復させていました。

「おじいちゃん入院してるんだよ」・・・「まあそうなの?どこに?」「東横病院」「なんで?」「心臓だよ」「そうなの」・・・・・

その1分後にはまた会館に行き、いなくて戻る。「おじいちゃん入院してるんだよ」・・・「どこの病院?」その繰り返しです。

日曜日は夕方ひたすら会館と家を往復していました。

月曜日、私は仕事に行き、次男のお嫁さん義妹がケアマネージャーさんに話しをしてくれ、おばあちゃんの様子を見に来てくれることになっていて、私はお隣の人に頼んで仕事に行きました。

まあおばあちゃんがデイサービスに行かなかった日にはおじいちゃんが昼間仕事に行くこともあったので、昼間でしたらおばあちゃん一人にしていたこともありましたので、心配でしたが、仕事に行きました。

義妹がケアマネージャーさんと話がついて、いつもお世話になってるデイサービスのところに3日間だけショートステイに預けられることになりました。

そのあとも2週間別なところですが、ショートステイに預けられることに決まり、とりあえず、おじいちゃんが入院中はショートステイが決まりほっとしました。

三日後に別なところに預けるときも仕事でまた申し訳ないけど義妹に頼みました。

旦那と次男と話し合いで「もうどこかの施設を考えなくちゃいけないな」と話しあっていました。


とりあえず2週間は預けられたので私もその間にできることはしてみようと、まずケアマネージャーさんに電話をし、相談しました。

「おばあちゃんを今後施設に預けることを考えてるのですが、どうゆうところがいいでしょうか」

「そうですね、おばあちゃんは認知症だけで足腰もしっかりしてるし、まだ若いからグループホームみたいなところがいいんじゃないでしょうか?」

「それは私たち家族が探してもいいんですか?」

「いいですよ」

ということなのでさっそくグループホームに電話。

おじいちゃんとおじいちゃんが入院する前に話していた近くの新しくできたばかりのグループホームBに電話をしました。

そうしたらすぐ対応してくれていろんな書類を速達ですぐ送ってくれるとのこと。

できたばっかりできれいでまだ部屋も空いてるとのこと。

ほかのグループホームAにも電話をしました。

そこは今空いてなく、満杯だそうで断られました。

なるべく近くがいいと考えていたので、一番近いところがいいなと、入院中のおじいちゃんに相談しに行ったりしました。

おじいちゃんは点滴をしていてベッドからは動けなかったけど、比較的元気で話はできる状態でした。

おじいちゃん具合悪いのにごめんね。

私は自分が休みのときにできる限りのことはしようと思いまして、火曜日にそんな電話をし、水曜日は仕事、おばあちゃんは水曜日には別なショートステイに移る日です。義妹に頼み行ってもらい、木曜日はおばあちゃんの認知症の薬をもらいに日医大へ、その帰りにネットで見ていたグループホームCを見に行きましたらまたそこも満杯ですと断られ、またその帰りに一番近い最初からそこがいいなと思っていて電話して書類を送ってもらっていたグループホームBに行きました。

そうしたらすぐ対応してくれて、できることなら2週間ショートステイの後すぐはいれるようにできますよ、とのことでした。

まあ診断書やおばあちゃんの面接やいろんな手続きを踏まないといけないけれど。

でも私一人では決められません。

まずはおじいちゃん。そして旦那や次男の了承を得なければなりません。

日曜日に旦那と次男を連れそのホームに話を聞きにいく手筈を整え、おばあちゃんの健康診断も済ませなきゃならないのでその予約をし、おじいちゃんに話をしに行きました。

おじいちゃんは「自分の命が大切だ、今回は死ぬかと思ったので、自分はもう少し長生きをしたい、そしてダンスをしたり、自分のことも楽しみたい。」とのことでおばあちゃんを入れることについても「寂しいけれど仕方ないことだろう」と私と話しました。


長くなったので第3章に続きます。



EDIT  |  20:42 |  徒然日記  | CM(0) | Top↑

2013.07/28(Sun)

すこしがんばったこと

今月我が家で起こったことを少し残したいと思います。

我が家は旦那の両親と別世帯ですが同居しています。

1階におばあちゃんおじいちゃん。

2階と3階に私たち世帯。

旦那は単身赴任というか八王子で会社の近くにアパートを借りて土日にこちらへ帰る生活です。

おばあちゃんは4年くらい前から認知症で2年前くらいからひどくなり、家事はおろか自分のこともままならない状態で、心臓にペースメーカーは入ってるおじいちゃんですが、元気は元気なのでおじいちゃんが生活の面倒と介護をしていました。

おばあちゃんは性格上他人には心を開かない人でおじいちゃんだけにわがままを言える人なんですが、認知をわずらってからはそれがひどくなり、まずものを忘れるので、それに対しての言い争い。

ご飯食べたか食べないか、おじいちゃんんとおばあちゃんはずっと二人で社交ダンスをしていて、おじいちゃんはダンスに行きたい、おばあちゃんを連れていきたいのに、行かない行く、行くと言ったのにそれを忘れて、行かないといい、行くときに出かける準備に時間がかかる。出かける直前あれがない、これがない、財布はない、カバンがない。化粧をしていくのに化粧品がなくなる、メガネがないなどで言い争いが絶えない。

普段の会話でも亡くなった自分のおばあちゃんがさっきまでいたのにいなくなったから、探しに行くと外にうろうろして徘徊し始める。

おじいちゃんはいまだ仕事をしていておばあちゃんがひどくなってからは回数は少なくなったけど自営の町工場で働いていて、夕方5時半過ぎに毎日帰ってきていたので夕方におじいちゃんがいないとおじいちゃんを探し回る。

おじいちゃんは町内会の役員もしていて徒歩3、4分のところに町内の会館があるのだけど、おじいちゃんがいなければ「会館にいる」と思い込み会館に探しに行く。おじいちゃんがいれば問題ないのだけど、おじいちゃんがいればいるで昼間は寝てばかりの生活になります。

昼間寝てると夜に寝れなくなり、夜中に財布がないとかなんだかごそごそ探し回り、3階の私が寝てる部屋に「赤ちゃんの泣き声がした」「おばあちゃんがどこにいる?」と起こされたり、息子や娘の部屋を開けたり、それが夜中の3時4時だからたまりません。

鍵をしたらしたで開けろと暴れる。

おじいちゃんは物音がしても寝ていられるタイプなのでおばあちゃんが夜中動き回っても寝ていられます。

そして昼間に寝ている。夜中徘徊する。

まだ外に出ないからマシですが、多分知らない間に出ていたようで娘が夜中に帰ってきたときに外におばあちゃんがいたので連れ戻したというのがありましたので多分夜中に少し近所は徘徊していたと思われます。

デイサービスは週3日。

デイサービスに行ってる間におじいちゃんは仕事に行きます。

でもそのデイサービスも夜中そんなんだから朝起きれません。

起きないおばあちゃんを起こしてデイサービスに行かせるのが一苦労。

おばあちゃんはそうゆうときにほんと頑固でまったく布団から離れません。

調子いい時はすぐ起きるのだけど、起きないときに起こそうとすると暴言はいたり、蹴ったりするようになりました。

だからデイサービスの人が迎えにきてその人に起こされて行くようになったにだけど、それも最近デイサービスの人にも暴力をふるうようになり、行かなくなることも増え、週3回が週1回に・・・・

私も朝仕事ないときは起こすのを手伝いますが、私でもまったくだめ。

「私なんか死んでもいいんだから」と食事もしてくれません。

トイレも失敗するようになり、お風呂で○○されたことも。

自分の好きなお寿司を買ってきたときだけ食べてくれます。

そんな生活に私もおじいちゃんも疲れ果ててしまって、施設のことを考えるようになりました。

公共の施設に10こも申し込んでいるそうですが、公共の施設は何百人待ちだそうです。

私もネットとかで調べるようになり、「グループホーム」というのが認知症の人たちだけが9人程度で生活する小さな老人ホームみたいなものなんですが、まだ若く足腰もしっかりしているおばあちゃんはそういうところがいいかな、と思ってていてたまたま徒歩10分で行けるところに新しくできたばっかりのところがあり、見に行こうかね。。。とおじいちゃんと話していたその矢先・・・・

そのおじいちゃんが今月の6日に具合が悪くなり、入院しました。

持病の心臓です。

介護をしていたほうが疲れて介護されるほうより先に・・・という話はよく聞きます。

おじいちゃんは幸い命には支障はなくて2週間の入院となりましたが、その間おばあちゃんどうすればいいの??

疲れたので第2章に続きます。







EDIT  |  15:14 |  徒然日記  | CM(0) | Top↑

2013.07/15(Mon)

暑い

毎日暑いですね。

先週エアコンが壊れた娘の部屋が灼熱地獄。

今日エアコン買いに行ったらけど、設置が31日だってーー。

すんごい混んでるみたい。

あと2週間以上。

娘の部屋は風が通らないからほんと暑い。

家建てて13年もすればこれから次々と壊れて行くかもね。

息子は大学でチャラ男になり、男子校じゃメガネだったのにコンタクトレンズにしたいといい、コンタクトレンズ買って、自転車盗まれて自転車買って。

はあ。お金かかる。。。
EDIT  |  18:04 |  徒然日記  | CM(0) | Top↑

2013.07/14(Sun)

楽しかった

楽しかったー

めちゃくちゃ楽しかった昨日の試合。

浦和の赤いの軍団に勝ちました!



嘉人の100ゴールはトイレでした。


それが心残りです。


4点も取って完封でした。

何気に今シーズン初めてです。


先週鹿島に勝って、水曜日広島に負けて、今度の水曜日は首位大宮とですよ!

大宮さん!首位なんです。

旦那いま首位どこだと思うって聞いたら大宮とは思わなかったって。

でもしっかり首位です。

2試合しか負けてないし、失点もうちは30もあるのに大宮は13。

見事に失点が少ないんです。

でもうちは得点32!

リーグ一位!

単純に得点も失点も多い前のフロンターレに戻りました。

いまはサッカーも楽しいです。

あんなに監督批判していたのに。


まだまだこれこらですが、やっぱり息子を出さなくなってきて批判も減りました。


難しいですが、そういうことです。


楽しいサッカーは続けてほしいです。

ではでは
EDIT  |  22:48 |  ふろんたの日記  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。